Dec

06

2023

アシックスの野望

昨日の日中はひどく寒かったけど夜はそうでもなく、まだ重装備は不要だった。超スロージョグ12km。途中で雨がパラついたけど本降りにならなくてよかった。

今朝の日経新聞に、6年ぶりに交代となるアシックスの次期社長に関する記事があった。
12062023.png

テニスでプロを目指して渡米したものの挫折。でも強みを活かして這い上がり、絶好のリーダーとの評判。2025年にランニングシューズで世界トップを目指すという。先日行われた投資家向け説明会でも公表されている。

1206asics.png

ひと昔前は王者だったかもしれない。厚底が世に出る前はターサー・シリーズは人気だったし、今でも奮闘しているとは思う。だが、現実はどうだろうか。例えば今年の箱根駅伝。3年連続で減少したとはいえ62%のシェアで断トツなのはナイキ。次いで18%のアディダス、そして15%のアシックスと続く。

MGCを制した小山選手はVFN%2、鈴木選手はアルファフライ2。

シカゴで男子世界記録を更新したケルビン・キプタム選手が履いていたのはナイキのアルファフライ3だし、ベルリンで女子世界記録を出したティギスト・アセファ選手はアディダスのADIZERO ADIOS PRO EVO 1だ。

ランニング=マラソンではないけど、圧倒的な差があると思うのは僕だけだろうか。揚げ足を取るつもりはないけど「初心者ランナーだから分かる」というコメントこそが、違うんじゃないかと思ってしまう。

昨今のシューズ市場はラン歴が長く走力ある感覚がマヒして数万円の投資を厭わないランナーこそがメイン・ターゲットなはず。エントリー・モデルでいくら頑張っても巻き返せないし、需要がある層のニーズが分からなければ現状は何も変わらない。 初心者ランナーゆえ、スタートダッシュして撃沈なんてことにならなければいいけど(笑)。

さて、今夜は週末に向けての調整としてフツージョグにしようかな。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

関連記事

<前の記事 | 次の記事>

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://runnert.blog.fc2.com/tb.php/1692-d44c8160

プロフィール

Tom

Tom
1975年生まれ 48才
--------------------------------------------------------
・1/2011 ラン開始
・11/2012 サブスリー達成
・3/2015 サブ55達成
・11/2017 サブ50+キロヨンカット達成
・11/2019 サブ45+エイジレコード達成
・11/2022 サブ40達成
・毎年PB更新中

自己ベスト

・フルマラソン
2:38'49 (11/2023 つくば)
・ハーフ
1:15'59 (1/2024 ハイテクハーフ)
・10km
35'10 (10/2021 月例赤羽)
・5km
16'22.4 (7/2023 MxKディスタンス)
・3km
9'53.1 (7/2023 MxK通過点)
・1500m
4'25.4 (6/2023 MxKディスタンス)

カテゴリ

旧ブログへのリンク (12/2014~3/2019)

ブログ内記事検索

ブログ村ランキング

カウンター

ランキングに参加中、クリックお願いします!

Designed by

Ad