Sep

14

2023

東京レガシーハーフ ペースセッター事前説明会

昨夜、東京レガシーハーフのペースセッター向けの事前説明会がオンラインで開催された。欠席の場合は辞退となるので参加必須イベント。

それぞれ3~5名で構成される6グループの応募は150名以上で、その中から26名が選出されたとのこと。まず、スポンサーの大塚製薬の方から「ランナーのためのコンディショニング講座」があり、続いて「大会当日の集合から解散までの流れ」について説明された。

事務局の担当者は4月のロンドンマラソンでペーサーを務め、よくある帽子に風船というスタイルではなく、トレラン用のバッグにフラッグを装着したらしい。世界ではこれが主流なんだとか。周りからの視認性が高く、ペーサーとしても走りにくさはない模様。

確かにググってみると、結構出てくる。
155308.png
news_2c49c2681.jpg
specs_rw-vlm2017-pacers-37113.jpg

日本で恐らく初めての試みとして、東京レガシーでこれを導入することになったとのこと。

ひとしきりの説明が終わった後は、グループに分かれてのブレイクアウト・セッション。僕が担当することになっている1時間30分ペーサーは4名。お互いの自己紹介をした。

Aさん: 52歳。サブ40
Bさん: 38歳。サブ50
Cさん: 30歳。サブ45。初音ミクのコスプレランナー

Aさんは前回もペーサー経験済み。スタート時の渋滞がとにかく酷くロスは1分半~2分。やっとスタートラインを越えてもまともに走れる状態ではなく前半は4’10前後、後半も4’12~13で刻むことになったんだとか。

前回はネットタイムでよかったのが、Cブロックからのスタートにもかかわらず今回はグロスでペースメイク。仮にロスが2分だとすると、1時間30分のゴールタイムを目指すには4’10がアベレージ。渋滞を抜けるまでのタイムをも考慮すると、実際は4’07前後になるのだろうか。

GPSが乱れることも予想されるから、体感ペースがとても大事になってくる任務になりそうだ・・・。不安ではあるけど、やりがいを感じる。

そのセッションが終わると、なんとスペシャルゲストとして川内選手が登場!海外のレースから帰国されたばかり。ペーサーとして気を付ける点などについてアドバイスを頂く。
09142023a.png

そして、M高史さんもご本人を前に登場。
09142023b.png

当日の流れを想定してペースメイクする練習もやらないと。

帰宅後、ズームフライFKでEペースのフツージョグ。特にペースは決めず10km強走って4’40。計17.4km。

なんだか、夏の疲れが溜まっているような気がするなー。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

関連記事

<前の記事 | 次の記事>

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://runnert.blog.fc2.com/tb.php/1609-5b734519

プロフィール

Tom

Tom
1975年生まれ 48才
--------------------------------------------------------
・1/2011 ラン開始
・11/2012 サブスリー達成
・3/2015 サブ55達成
・11/2017 サブ50+キロヨンカット達成
・11/2019 サブ45+エイジレコード達成
・11/2022 サブ40達成
・毎年PB更新中

自己ベスト

・フルマラソン
2:38'49 (11/2023 つくば)
・ハーフ
1:16'23 (1/2022 ハイテクハーフ)
・10km
35'10 (10/2021 月例赤羽)
・5km
16'22.4 (7/2023 MxKディスタンス)
・3km
9'53.1 (7/2023 MxK通過点)
・1500m
4'25.4 (6/2023 MxKディスタンス)

カテゴリ

旧ブログへのリンク (12/2014~3/2019)

ブログ内記事検索

ブログ村ランキング

カウンター

ランキングに参加中、クリックお願いします!

Designed by

Ad