Mar

28

2024

新シューズ!

昨夜は超スロージョグ12km。まだちょっと肌寒い。

コンスタントに週3~4回、2年間履き続けてきたアディダスのGalaxy 5。セールで4,230円だった。ソールが削れてきたので3,850kmでお役御免。

いや、実際はまだ十分使えるんだけど、イトーヨーカドーでたまたま見かけたシューズが似たようなデザインだし、セールでなんと3,850円だったので、4月からの新シーズンに向けて気分一新ということで履き替えることにした。
03282024.jpg

DURAMO 10M。直営店の陳列棚に並ぶことはなく、もはやゼビオなどのスポーツ用品店でも取り扱われない、総合スーパーの紳士フロアで売られているなシューズ。エスカレーター横に目立つようにずらーッと並べられていて、気になって手に取ってみるとマイサイズで最後の1足っぽい。足を入れてみると、なかなかいい感じ。これも一期一会かと、お買い上げ。

ネットで見かけた紹介文からすると、なかなかシュールだ(笑)。adios proなんかとは一線を画すシューズ。
・ 朝のトレーニングから夜のお出かけまで、1日中様々なシーンで活躍する多目的ランニングシューズ
・ 毎日履きたくなるような快適性と、スタイリッシュさを併せ持ったアイテム
・ シンプルなデザインで、トレーニングシーンはもちろん、アスレジャーなスポーツMIXコーデなど、お洒落に履きこなしていただけます
ad-duramo-10-m_4.jpg
所詮7’00~7’30ペース専用のシューズだから、コスパ重視。むしろ、300g弱と重く高性能じゃないほうが、速いペースで走ろうという気にならないし好都合。

さて、明日はテレワーク前の朝ランだから、今夜はオフ。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Dec

28

2023

Alphafly 3 - tried it on

今朝も超スロージョグ12km。3日連続なので、コースを変えて隅田川テラス。風で顔が冷たい。

昨日から年末年始休暇だけど、なんやかんやで昼過ぎまでテレワーク状態。ようやく落ち着いて、ふと思い立った。行くなら今か(ということで昨日、銀座へ)。

定価が$285と分かった時、日本円での価格は未発表だった。当時の為替からすれば4万円超えるだろうし、手に入れられないかもしれないし、もう付いていけそうにないなと、adios pro 3に乗り換えた。

でも、消費者心理を意識してか4万円を切ってきて、しかも先行体験キャンペーンという大胆なマーケティングを仕掛けてきた。その期間は12/23~1/4。ランナーをくすぐるにはこの上ないタイミングをぶつけてきた。自分へのクリスマス・プレゼント、1年間仕事を頑張ったご褒美、そしてニューイヤー駅伝と箱根駅伝。

そして、別大や東京マラソンといったガチレースが始まるシーズン。

迷っているランナーの背中をこれでもかっていうぐらいグイグイ押せる数日間。人によって違うとはいえ数日間は年末年始のお休みがあるから、その気にさえなれば試走できるチャンスが与えられてしまった。

どうするかは後で考えよう。とにかく急いで準備。到着したらすぐに走れるような格好に着替えて出かけた。年の瀬で賑わう銀座に、手ぶら、ウインドブレーカー+ジョグシューズのおっさん(笑)。
IMG_2266.jpg

店内はかなりの人だかりでキビシイかもと不安になるが、もしそうなら縁がなかったと諦められる。店員さんに尋ねてみると、すんなりと手続きしてくれた。

僕は26cmだけど、初代アルファフライは大きいのでインソール使用、アルファフライ2は少しゆとりあり。25.5と26を用意頂いたところ、25.5のほうがしっくりきた。

アルファ2は手に取ると重く感じるけど、3はホントに軽い。足入れもかなり楽。2では足首周りがきつくて合わなかった人もいるぐらいだから、かなり改善された。2の中足部はややタイトだけど(僕は脚幅が狭く厚みもないのでむしろ好み)、アッパーのアトムニットがふんわりと快適に包んでくれる。

皇居に着いて、じっくりと観察。
IMG_2269.jpg
IMG_2271.jpg

ソールの中央部、縦一直線に深いスリットがあり、水色で囲った部分が空洞になっている。
IMG_8616.jpeg
IMG_2267.jpg

前から見るとこんな感じ。
IMG_2268.jpg

踵部分が大胆にカットされていて軽量化につながっているんだろうけど、不安定さはない。
IMG_2270.jpg

何本も流しを入れて感触を確かめてみた。
IMG_2274.jpg

クッションの硬さ具合も丁度いい。初代や2と異なりエアポッドが内蔵されたような形状になったことから反発を強く感じることはないけど、落ちたわけではない。むしろ、丁度いい。

初代はフォアフットで着地してこそエアポッドの反発を得られるわけだけど、反発が強すぎるがゆえ諸刃の剣。2はエアポッドの下にzoom xが配され、やや反発が落ちた。どちらかと言えば3は2に近くマイルドな反発。でも、ちょっと性質が違う反発。

エアポッドの位置がやや中央寄り?なのか、フォアフットを意識するとエアポッドを踏まないような気がした。むしろミドルフットぐらいのほうが足裏の転がりと相まって推進力につながるような気がした。

意識的に着地ポイントを変えると明らかに着地音が変化した。上手く説明できないけど、フォアフットだと硬めの音で、ミドルフットにするとポワっと柔らかくなる。縦に伸びたスリットで音が吸収されるのかも、と思ったり。

全体的にのっぺりとした形状だけど、ソールがセパレートではなく一体構造となり、足裏の転がりで走るようなシューズに変わった気がする。

スピードを出しやすい=反発が強いのはやっぱり初代。でも、それは脚が最後までもつかという点ではマイナス要素にもなる。2は初代にない安定感が加わったけど、反発がぼやけているし、重い。アルファの流れで言ったら3が一番走りやすいのは間違いないと感じた。

さぁ、どうする!?

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Dec

26

2023

adios pro 3 感想

昨日で仕事納めの予定がずれ込み、今日はテレワーク。ということで朝ラン、超スロージョグ12km。

ようやくadios pro 3の感想。土曜に30kmペース走。比較は僕が履いたことのあるVFN%ピンク、VFN%2、初代アルファフライ、アルファフライ2に限定。

VFN%ピンクよりも20gぐらい重く200gだけど、むしろ足さばきがよすぎて軽く感じられた。

走った後になって、とても分かりやすいYouTuberのレビューを見つけたので、専門用語はパクリ(笑)。

シューズの構造はこちら。
12252023a.png
特徴はなんと言っても全シリーズからアップグレードされたフルレングスの5本骨状カーボン。それと、クッション・反発・弾力・軽量を兼ね備えたソールのLIGHTSTRIKE PRO。

ロッキングチェアになぞらえ、踵とつま先の高さの差異=ドロップ差によってもたらされるロッカー構造、多分これが他に比べて最も顕著。ソールはzoom xよりもかなり硬く、シューズの転がりがより誘導されやすいのかも。着地時にzoom xやエアポッドだと沈み込んでタメができて、その反発が推進力になる気がするけど、これがあまり感じられない。

そして厄介かもしれないのが、青丸で囲った部分。スリットというらしい。
12252023b.jpg

VFN3にも似たような部分があるけど、接地に必要ない部分を削り軽量化が目的だと理解。でもadios pro 3は、もちろんその意図もあるんだろうけど、これがミソというレビューも。スリットの位置が、踵付近で着地し足裏の外側から前足部外側にいって親指のほうからスッと抜けるようにガイドされているとの評価。

確かにそのような配置だし、自然とそういう動きになれば重心移動が効率的なのは分かる。そして推進力につながるというのも頷ける。

足が回転し過ぎて反発を感じにくかったのは、まさにこのロッカー構造なのか。

ドロップ差が大きいほどピッチ走法のランナーに向いているとするレビューもある。確かに、グッと踏み込むより足さばきで走るほうが、このシューズには合っているのかも。

足首周りのフィット感は少し緩めかな。なので、途中でシューレースを一番上まで通したら改善。

フルで走ったらというのはやってみない限り分からないけど、Mペース3’40~45のスピードは「維持しやすい」=アルファ2のような感覚。走行距離が少ない初代アルファみたいに、これが「出しやすい」だと脚がもたない。3’30~35の閾値帯のスピードは「出しやすい」。この点はアルファ2とは異なり、初代アルファやVFNに近い感覚。

とにかく何回か走って、このシューズの特性に合わせた走りができるかどうか。

さて、一応明日から年末年始休暇に入るけど、今週いっぱいはちょいちょい仕事の対応が求められそう。

先週末に30kmペース走と23kmペース走を含め計70kmも走ったので脚が張っている。あと数日は超スロージョグで整えて、年内最後の30kmロング走をぶちこみたい。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Dec

08

2023

adizero adios pro 3

今朝はテレワーク前の超スロージョグ。カラッと晴れて清々しい。

いきなり本題。アディオスプロ3をゲット!

2011年に走り始めてから、練習でもレースでもずっとアディダスだった(僕の溢れるアディダス愛はこちら)。直近4年間はナイキのズームフライFKから始まり、VFN%、アルファフライ1と2がレースシューズになっているけど、VFN%2はフィット感がイマイチだし3はピンとこないし、アルファ2は微妙で年明けに発売される3は$285、現状の為替で4万円以上。

このままナイキにどっぷりというわけにはいかない状況になってきた。決定打はEKIDEN PACK、左右で異なるカラーというのは僕には無理(ピンクのほうなら好きな色味なんだけど)。

つくばのシューズをどうしようか迷っている時から気になっていたのがアディオスプロ。アシックスは元から関心がない。水曜にアシックスに関することをブログに書いたのは日経朝刊に新社長の記事がきっかけだったけど、分かりにくい伏線(笑)。

何かをガラッと変えたい気分になり、当時の大本命adizero sub 2を買う気満々だったのに選ばれず、なんとなく手にしたズームフライFKに一目惚れ。今回も同じような感じだった。

VFN%でも1と2は(僕にとって)フィット感・履き心地が違うし、アルファ1と2はもっと違う。アディダスだってjapan boost 3まではよかったけど、5ぐらいから合わなくなった。

レース用シューズならやっぱり試し履きしたい。Sub 2の時のように恋焦がれていてもバッサリとフラれる可能性はある。サイズももちろん重要だ。

そこで水曜、帰宅途中に東銀座で降りて直営ショップへ。一目散にシューズコーナーに行ったけど、お目当てのシューズがない!と思いきやそこはレディースのフロア(笑)。心を落ち着かせてメンズのフロアへ。冷静な判断ができるようにゼロベースで。早速試着させてもらった。いい感じ。

でも普段履いている26cmだとちょっと大きい。型が近いというプライムX(5cm厚底+カーボン2枚のやりすぎちゃった規定度外視シューズ)で25.5cmを履いたらピッタリ。サイズ感を確認できてよかった。そして、急ぎで欲しいわけじゃないから、店舗在庫がないのはむしろ好都合だった。

オンラインショップに在庫があるのは確認済みで、PayPay払いにすると7%クーポンが適用されポイントが付く。通常のステップアップ特典と合わせて約2,000円セーブできる。もはや完全にマヒしているけど、税込定価が26,400円ならリーズナブル。

ポチッ。

今日はテレワークだけど、いつ届くのかソワソワするのも変だし、妻が対応し受け取る可能性が高い。やっぱり気が引けるので、こっそりと迎えたい。そこでコンビニ受け取りを選択。午前中に配達されたという通知が来たので、休憩の散歩がてら出かけて受け取ってきた。

運がいいことに明日が資源ごみの日で玄関にはいくつかの段ボールがあるので、紛れ込ませておいた。もちろん、アディダスのロゴの梱包シールと、ご丁寧に商品名まで書かれている配送元シールもきれいに剝がすという前処理も抜かりなく(笑)。

いざ、開封。やっぱり僕はこっちのロゴのほうが断然好きだ。ブランドとはそういうものなんだから、こればっかりは好みの問題でいかんともしがたい。
IMG_2156.jpg

そしてオレンジっぽいレッドの色合いが完全に自分好み。
IMG_2157.jpg

踵のクッションはナイキからのパクリだろうけど、これがあるのとないのとではフィット感が違う。
IMG_2158.jpg

この辺りのラインがセクシー。
IMG_2159.jpg

フルレングスの5本骨状カーボン。アウトソールはアディダスといえばコンチネンタルのラバーで、グリップはしっかりしてそう。
IMG_2160.jpg

いつデビューさせようか、今から楽しみ。

さて、明日は来週の足立フレンドリー向けペース走と、日曜の駅伝向けの刺激入れとして利根川スペシャルのショート・バージョンかな。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Nov

21

2023

つくば5日前~アルファフライ、初代か2か

昨夜は超スロージョグ12km。閾値よりも速いペースでの10kmのダメージが残っているようで、太腿に張りを感じた。

つくばはアルファフライ2でイクと決めていた。初めて履いたのは昨年の10月で10kmのペース走。3’34ペースで走って、感触は可もなく不可もなくといいった感じだったけど、フルで履こうとは思えなかった。1月に15kmペース走を3’40でやった時はまだ履きこなせていないという感想を持った。

ところがその1週間後の30kmペース走で練習ベストを1分以上更新し、「3’40~45ペースは長い時間維持しやすく、3’35~40は他の手持ちのシューズと比べて楽に走りやすい」との評価に変わった。

そして、東京の3週間前30km走では3’39ペースで走れて、当時のブログに「シューズがハマった」と書いてある通り、僕のレースシューズとなった。

その東京はまさかのCブロックからのスタートで(未だに根に持ってる笑)、入りの1kmで4’10もかかるほどの渋滞に阻まれPB更新とはならなかったけど、脚がもたないということはなかった。

だから消去法ではなく、積極的な理由でアルファ2を選んでいた。秋から取り組んだ30kmロング走6回のうち直近の4回履いて練習ベストも出せたけど、最近になって迷いが生じている。

というのも、やっぱり重く感じるし、反発が物足りない。特に疲れ始めた時にその両方の影響を受けやすくペースダウンが加速してしまう感じがしている(なんか変な表現だけども)。

ここで、手持ちのシューズと主なレース結果、現状の位置付けを見てみる。

初代VFN%① 565km
・ つくば2019 →PB+サブ45
・ ハイテクハーフ2021 →PB
・ 単独フル →PB
・ ハイテクハーフ →2022 PB
・ つくば2022 →PB+サブ40
・ つくば以降は未使用で温存

初代VFN%② 700km
・ 東京2022 →2:40’35
・ 今年の夏からポイント練習用

VFN%2 515km
・ もっぱらペース走用

初代アルファフライ① 985km
・ RFMC2022 →2:51’17
・ もっぱらスピード練習用

初代アルファフライ② 40km
・ トラックレース用

アルファフライ2 285km
・ 東京2023 →2:40’51

アルファフライ2 0km
・ 未使用

実績があるのは文句なしに初代VFN%、通称ピンク。大事なレースではいずれもPB更新。昨年のつくばを最後に一度も履かずに温存してある。2足目のほうは同じサイズなのに若干フィット感が良くなくて、夏からはポイント練習用に格下げ。

VFN%2は、これまた同じサイズなのにフィット感が全然よくなくてインソールを入れているぐらい。

初代アルファはレースで1度履いたけど、東京の2週間後だからガチではない。もっぱらインターバルとかのスピード練習用。それが、1000km近く履いて、いい感じに馴染んできている。フルで履いたら脚が持たないだろうなという感覚は今となってはない。

285km走ったアルファ2が多少ヘタってきたとはいえ、新品ストックをおろそうとは思わない。初代アルファの2足目はまだ40km、来シーズンのトラックレースにとっておきたいし、フルには反発が強すぎるだろう。

なら、安定感抜群で実績豊富なVFN%ピンクじゃん?と思うけど、どうもそういう気になれない。はるやさんも同じように悩んでいるようだけど、彼の言葉を借りるなら、「クセがなく安定感のある(悪く言えばパンチがなくつまらない)」という表現がしっくりくる。

あと、やはり劣化しているからかクッションが弱まり足裏への負担が大きいのかも。特に僕の場合、ピッチが170後半でストライドが広く上下動が大きいから着地衝撃の吸収は大事な要素。

なら、初代アルファ?これの懸念は1000km近く履いているので、エアポッドのパンクが怖い。

ちなみにテンポネクストは3足ともパンク、うち1足は100kmも走っていない。そこそこのスピードが出せるしEペースのロングジョグにはぴったりだから好きなシューズだけど、エアポッドの位置とか着地角度=衝撃のかかり方で僕はテンポネクストが合わないのかもしれない。

そんなこんなで迷いを断ち切ろうとアルファ2で臨んだ10kmペース走。既にレポったように不完全燃焼というか後味の悪い撃沈。まぁ、閾値よりも速いペースでそのスピード帯との相性が良くないシューズで走ったからという理由だけども、不安が残った。

決め切れなかった。

つくば前最後の30kmもイマイチだった。疲労するとアルファ2では粘り切れないことはよく分かった。ところが2週間前前の15kmは初代アルファがハマりにハマった。靴ひもが解けたけど、それでも練習ベスト。

初代アルファは楽にスピードを出しやすく、VFN%は楽にスピードをキープしやすいというのが個人的な感想だけど、アルファ2はいい意味でその中間、悪く言えばそのどちらでもないという感じ。だからこそ迷う。

決めの問題だ。要はつくばでの目標タイムを出すためにどういうペースで走りたいか、だ。2時間37分切りを達成するために必要な平均ペースは3’43。

もちろんイーブン狙いは現実的じゃないから、終盤にどれくらい粘れるか、その力を残しておけるペースがどこなのか。貯金を稼ごうと3’40を切るのはペースダウンが目に見えている。

3’45なら余力を残してペースアップできるかもしれない。3’41~42で行って終盤粘り倒すか。前者ならアルファ2、後者なら初代アルファなのかも。時間はまだあるので、もうちょっと迷ってみよう(笑)。

さて、今夜も超スロージョグ。こっちのシューズは一択。一代前は4400km履いたし、今のは3200kmになろうとしている。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Oct

25

2023

雨に弱いZOOM X

昨夜は超スロージョグ12km。肌寒いので薄手タイツ着用。

東京レガシーハーフでは700km使用済みのVFN%ピンクで走った。100均で売っていたリュックサックのビニールカバー、穴を開けて足を通し、ゴムがついている側をシューズに沿わせて覆って撥水加工のテーピングで固定。
10252023a.jpg

雨でシューズが濡れるのは防ぎようがないけど、待機時に濡れてその状態で走り出すのを避けられたら、ぐらいのつもりだった。幸い5分ぐらい前までは雨宿りができてせっかくの出番がないのは前年だったから、この即席防水装備も走りにくさがなかったので、そのまま走ることにした。

片方は途中で取れちゃったけど、もう片方はゴールまで活躍してくれた。
10252023b.png

そうは言っても水たまりはたくさんあったし、シューズにとっても過酷なコンディションだったはず。そもそも劣化しているとはいえ、たっぷりと水分を含んだ状態で着地衝撃を吸収し反発を与えてくれた代償は大きかったようで、ミッドソールのZOOM Xが部分的に裂けてボロボロ、ふにゃふにゃに。

日影干しで数日経って見た目と形状は元に戻ったようだけど、亀裂部分は当然そのままの状態。みんな大好きシューグーで補修すればまだ使えるだろうか。

初代アルファフライはインターバルとかのスピード練習で履くことが圧倒的に多く、それでも950km使い込んでいる。テンポネクストのエアポッドは3足ともすぐにパンクしたけど、こちらはまだ大丈夫。でも、つま先部分のミッドソールが限界を迎え亀裂が発生。

そこで閃いたのが、テンポネクストのミッドミッドソールをカットして移植しシューグーで押し固めてみた。いい塩梅で収まったし、走っていて問題なかった。
IMG_1795.jpg
IMG_1796.jpg

エアポッドがダメになったらポイント練習ではもう履けなくなるけど、この程度であればまだまだ使える。

さて、今夜はスピード練習の日。ピッチ固定LTペース走かな。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Sep

15

2023

新しいガーミンが届いた

今朝はテレワーク前の朝ラン超スロージョグ12km。気温28度、体感32度でまだまだ暑い。

7年半愛用したガーミン235J、色々と不都合が生じ始めたので、Forerunner 265に買い替え。
IMG_1797.jpg
タッチディスプレイが色鮮やか過ぎてビビる。この数年間でかなりの機能が追加されたので、十分に使いこなすには時間がかかりそう。

さて、敬老の日の3連休。予報では曇りか晴れ、気温は朝でも25度超え、最高気温は33度。朝早ければ早いほど気温は低いけど逆に湿度が高く、これがネック。湿度が高いほうが走りにくいような気がするので、日差しがないのであればちょっと遅めにスタートするかな。

つくばに向けてガッツリ30kmペース走をしておきたいところだけど、闇雲にやって不完全燃焼になるよりは、気候に合わせて臨機応変にメニューはをえようと思う。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Sep

12

2023

ガーミンの調子がおかしい

充電ケーブルの端子がイカれたようで、挟み込む角度を調節しないと充電できない。走行データはPCにつなげても自動で取り込まれないのでガーミンのフォルダーから手動でアップロードしていたけど、最近はPCに認識もされないためスマホとのBluetooth接続。

GPSを捕獲する時間も長くなったし、バッテリーの減りがあまりにも早い。そして、表面はこんな感じになってしまった。光の反射ではなく、表面を覆うシールのようなものに隙間が生じて、ついにはぐるっと1周してしまった。
IMG_1770.jpg

この235Jは2016年4月の発売時から愛用しているから、かれこれ7年半ぐらい。

最初のガーミンは2011年6月に買ったタッチパネル式のForeAthlete 610。ベルトが切れて交換したりステンレス製の本体裏面が錆び付いて、そろそろ替え時かなーと思っていたところに、光学式心拍計という当時としては画期的な新機能が内蔵され(当時は乳ベルトを使っていた)、飛びついた。

12年間で2つというのは物持ちが良いほうだと思うし、235Jはもう寿命に近いし、新調しようと検討中。今のところ候補は265か255。

さて、今夜は超スロージョグ。つくばに向けて1発目の30kmペース走が不甲斐なかったので今週末のポイント練習は絶対に外せないから、しっかりと整えていく。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Aug

15

2023

夏合宿⑤~懐かしの初代Japan Boost

予報では曇り/小雨。現地に着いて空が暑い雲で覆われているのを確認できたので、あえて左岸に行く必要はないなと右岸で。

シューズは昨年11月以来の初代Japan Boost。まだまだ履けるけど、買ったのは2014年9月で、サブ50を目指していた頃とても重宝したお気に入りのシューズ。デザインがとても気に入っているのでどちらかというと鑑賞用記念ストック(笑)。

メニューはEペースの20kmジョグ。南下して戻ってくるコース取り、行きが向い風。目安はレンジ遅めの4'45を超えない程度に。

楽でもなくキツくもなく淡々と。

追い風で気持ちよくペースを上げていたら、着地音がパコパコ気になり始めた。次第に違和感をも感じるようになり立ち止まって見てみると、あれまー、ソール部分がアッパーから剥がれかけていた。

取り急ぎ、その辺の雑草の茎で縛って固定し応急処置を施した。19.5kmぐらい。今日はトータルで25km、Eペースジョグで22kmぐらいの予定だったけど、とても走れる状態ではないのでペースダウンし20kmで終了とし、残りは帰宅までのダウンジョグとした。

家まであと1kmという所で、完全に分離してしまった。ソール部分を持って走るのはちょっと恥ずかしいから(笑)、ランパンの後ろ側に隠した。なんとも走りにくい。ソールを失ってペラペラだから小石でも踏もうものならメチャクチャ痛い。

計25.8km走って、無事帰還。
08152023.jpg

教訓:シューズは履いて走るもの。大事に保管しておいてもロクなことにならない。
08152023b.jpg


更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Mar

14

2023

VaporFly Next% 3

サイドのワンポイントととソールがオレンジ色!一番好きな色が使われたデザインからすれば持っておきたいけど、明朝から発売となるプロトタイプ、今回は見送り。

というのも、VFN%2はなぜかイマイチしっくりこない。他のナイキと同じサイズなのに全体的にゆとりがあって、インソールを入れてちょうどいい塩梅。それでも初代にあった踵のフィット感がない。アッパーの素材が変わっただけなのに、こうもフィット感が変わるとは。

3は様々なフィードバックを受けて改良されたバージョンアップだから期待大だけど、前足部に余裕ができたというようなレビューを見かけるし、サイズを一つ落として解決されるのか分からないので手を出しにくい。

もっとも初代に比べるとあれって感じなだけで、2が全く合わないわけではない。先日のハーフではいい感触だったし、まだ430km、ペース走の練習では大活躍している。

初代ピンクは560kmと390kmだから、まだまだ現役。

アルファフライ、初代はなんだかんだで650km、2は140km。ちなみに初代は新品ストックが1足ある。

シューズは半年に1回ぐらいのペース?で進化しているけど、僕の脚はそんなことはない(笑)。ずっとアディダス派だった僕がズームフライFKに浮気して以来、レースではもっぱらナイキ厚底になった。うまくその波に乗っかれたと思うけど、本当にαFシリーズを履きこなせているか?というと、答えはきっとNoだろう。

αF2が出るまでは、αFとVFN%で好みが分かれていたと思う。僕もそうで、フルはVFN%一択だった。ところがαF 2が思いのほかしっくりきたので東京ではそれを履いた。今持ち合わせているシューズからすれば、自分にとっては恐らくベストな相棒。

αFとVFN%は似て非なるシューズで、VFN%2は初代と同じようなスペック。そこにαF2が出て、大方の感想としては反発とクッション性の面ではαFとVFN%の中間みたいな位置付けとされている。確かにそう感じている。VFN%3が相対的にどう位置づけられるのか興味はある。でも、やっぱり、今回はパス。

初代αFはエアーポッドの反発が多少弱まってきているので、そろそろ2足目投入の時期か。VFN%は3足まだまだイケる。

ということで、αF 2はレース用に温存し、他のシューズでポイント練習していこうと思う。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Apr

22

2022

超スロージョグ用シューズを新調

昨夜はオフにし、代わりに今日朝ラン。

超スロージョグ用に履いていたアディダスのソーラードライブ。ボスの軽井沢別荘にお呼ばれした時にアウトレットで税込み2,950円という破格プライスで買ったシューズ。

2019年9月、それまで履いていたアディゼロ・ボストンから履き替え、ほぼ週3回コンスタントに履き続けてきた。使用回数400回以上、走行距離約4,400km。

見た目はカジュアルシューズっぽくて重いけど、7’00~7’30ペースにはぴったりで安定感抜群だった。

ソールがかなり擦り減ってクッション性も失われ、最近は単に重いシューズになっていたので、新シーズンになったし買い替えた。

今回選んだのはアディダスのギャラクシー5。
IMG_9353.jpg
これもセールで4.230円。見た目もランニングシューズっぽい。今朝履いてみた。クッションがしっかり分厚い割にそれほど重さを感じない。ガンガン使うにはぴったり。

テレワークのランチは妻と出かけて駅前のイタリアンバルへ。旬のホタルイカを使った濃厚ソースの生パスタ。
IMG_9355.jpgIMG_9356.jpg
楽しい息抜きになった。


更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Mar

28

2022

アルファフライでフルを走ってみて

フルマラソンの勝負レースはVF Next%。つくば2019で初めて履いてサブ45を達成してから、3回PBを更新した。ハーフも同様にハイテクハーフの2020と2022で履いて、ともにPB更新。

前にも書いたけど、アッパーの素材が変わってモデルチェンジしたNext%2は初代にあった良さが失われレースでは履いていない。

アルファフライは昨年10月の10kmのレースで履いてPB更新。練習では30kmまで。Next%やTempoNextと同じサイズながら、フィット感があまりよろしくない。Next%2と同じように、アディダスのノーマルrenのインソールを追加してみたらしっくりきた。

そこで、ガチレースではない先日のRFMC板橋では、初めてアルファフライでフルを走ってみた。レースの位置付けとタイムが10分以上違うので単純比較はできないけど、よりフォアフットになるのでふくらはぎに疲労を感じたぐらいで、慣れればアルファフライもありかなと思えた。

ピッチとストライドはどうだったのか、Next%の東京マラソンとで比較してみた。
03282022.png

20kmまではそれなりのペースをキープしたので比較可能か。東京でのピッチ180に対し、板橋では175。

偶然、東京の6~10km、11~15、16~20のラップタイムが、板橋の~5km、6~10、11~15とほぼ同じ。タイムが同じなら、ピッチが減った分ストライドが伸びているはずだけど、あれ?あ、手動ラップと自動ラップの違いによるちょっとした距離の誤差が原因?

あまり有効なデータではないものの、少なくともアルファフライだと同じペースでもピッチが減っているのは確か。やはりそれだけエアーポッドの反発が大きいと言って差し支えない。

感想は・・・、例えば3’45ペースを、長く楽に走るならNext%、速く楽に走るならアルファフライ(分かりづらい)。慣れの問題かもしれないけど、フルにおける走りやすさという観点ではやっぱりNext%のほうが好みかな。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Jan

17

2022

2XUハーフタイツで15kmペース走

昨日の振り返り。

荒川河川敷は気温6度。4kmほどアップしてからシューズをboston boostからアルファフライに履き替えさらにアップ。メニューは15kmペース走@3’40。風がそこそこ吹いていてラップが乱れた。

3'40, 3'42, 3'41, 3'40, 3'38
3'45, 3'44, 3'38, 3'41, 3'42
3'37, 3'41, 3'42, 3'35, 3'28

5km毎:
18’23 3’41
18’26 3’41
18’04 3’37

54’53、平均3’39。ピッチ176、ストライド156cm。

家までのダウンジョグ含め、計22.8km。
01172020.jpg

新しいハーフタイツを試してみた。

サッカーをしていた頃に使っていたものとか、5年前にロッテルダムに出張した際に手に入れた、当時日本に未進出だったスポーツ用品チェーンDecathlonのオリジナルものとかいくつか持ってはいるけど、どれもランニング専用でなかったり、またはちょっと厚手だったりで、練習では時々出番があるけどレースで履いたことはない。

僕はストライドが広いから股関節の動きが制限されるのはあまり好きじゃないけど、喫緊の課題は東京マラソン対策。健康状態をアプリで管理し当日受付で見せる必要があり荷物預けがないのでスマホを携帯して走らなければならない。そもそも普段からその習慣がないし、ウエストポーチだと揺れが気になる。

頭の片隅にあったこの問題をどう解決しようかずっと悩みの種だったところ、東京マラソンに参加される同じ問題意識を持つKJさんがレビューしてくださって、とても参考になった。買うならポケットが3つもある2XUのハイエンドモデルかなーと決めていた。でも1諭吉以上はちょっと高いなー。

タイツはサイズ感と着用感が大事。家の近くのゼビオに置いてあるのは知っていたので、試し履きしてみた。なかなか良さそう。ポケットにスマホも入れてみたらこれも問題なさそう。身長168cm・体重56~57kgだと、サイズはSよりもXSのほうがしっくりきた。でも、定価かー。即決できなかった。

楽天がお買い物マラソン期間で、しかもメーカーのオフィシャル楽天店だとポイントが2200もつく。未使用のポイントも数百円残っていたので、それならとポチッた。

まずはタイツそのものの機能性を確認したかったのでスマホはポケットに入れずに走ってみた。

僕はふくらはぎよりは太腿の筋肉を使って走るフォームだからか、ふくらはぎが攣ることはないしレースで疲れてくるのは太腿のほう。

Mより速いペースでも窮屈と感じることはなく、確かに筋肉の揺れが抑えられている感覚はあった。フルの距離になれば、この揺れ軽減が効いてくるような気がする。

1日経った今日の状態。脚の疲労感はなんとなく軽いような気がしなくもない(こればっかりはプラシーボかもしれないけど)。

もともと体にピタッとフィットするコンプレッションタイプのウェアは好きだから、骨盤~太腿もガッチリ仕様で攻めていきたい。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Dec

11

2021

骨伝導イヤホン新品交換

今朝は超スロージョグを土曜のマイコース隅田川沿いで10km。

🎵 🎵 🎵 🎵 🎵
愛用している骨伝導イヤホンAfterShokzの調子がおかしくなった。この間のレース中、右側の音がブツブツ途切れるようになった。
09222020.jpg
そして指で強く押し当てない限り音が全く聴こえなくなってしまった。HPから問い合わせ現品を送ると、2年の製品保証が付いているのでなんと数日で新品交換!買い替えるとなるとそれなりに高いので助かった。

さて、明日はペース走10km。先週の15kmはイマイチだったので今度こそピリッと走りたい。


更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Sep

10

2021

3足目のTempoNextをポチッと

昨夜は超スロージョグ10km。ミスト状の霧雨が降ったけど、むしろ気持ちいいぐらいだった。

今日はテレワーク。外でランチしたついでに散歩がてらゼビオに行って、TempoNextをセール価格+10%offクーポンで購入。のつもりだったけど、ネットで買ったほうが1,000円ぐらい安いのでクリックでポチッと。グレーの1足目はAir Podがパンク、オレンジの2足目をおろしたばかりでストックが無くなったため補充。
09102021.jpgIMG_6548.jpg

アディダスの厚底新シリーズも気にはなっていたけど、今シーズンはアルファフライも候補になってきたので、そのためにはやっぱりTempoNextを増やしておきたい。

ということで、今シーズンはこれらのシューズを履き分けつつ、最終的にどれにするか決めたい。いつ、どのレースを走るのか決まっていないけど・・・。

① 初代Next%ピンク x2
② Next%2 x1
③ アルファフライ x1
④ TempoNext x2

機会がなくて②はまだ履いていない。①からの大きな変更はなくアッパー素材がメッシュになったぐらいだけど、NIKEは足なじみの向上を謳っている。一方で、フィット感が劣ったとか、前足部と甲の部分に若干の余裕ができてシューズの中で遊びができた、というようなレビューをいくつか見かけたので、ちょっと気にはなっている。

①の1足目は400kmを超えているけど、シューグーで補修しながら履いてきたので、まだまだ現役。仮に②が合わなかったとしても①が2足があるし、それに③もある。③で勝負するかを見極めるために、④の1足は直ぐにパンクしてもいい覚悟で履こうと思っている。

🙋 🙋 🙋 🙋 🙋
ところで。東京の緊急事態宣言は12日から30日まで延長されることが昨日決まった。

以前ブログに書いた通り、10/17開催予定の東京マラソン2021は、「開催1か月前以降に緊急事態宣言が発せられている場合・・・、大会は中止となります。」と規約で明記されている。

にもかかわらず、事務局から届いたメールには、「緊急事態宣言の内容及び大会要項における基準を踏まえ9月17日(金)の理事会にて判断を行い、決議後にご案内いたします。」とのこと。

???

ネットのニュースにも、「宣言の延長決定で自動的に大会の中止が決まるのではなく、今月中に開く臨時の理事会で開催の可否を協議して最終的に決定する」らしく、現時点では開催するのか注視するのかは決まっていないんだとか。

???

行間を読むもなく、規約に明記されているんだけどね。単に、意思決定機関である理事会で決議されていないという手続論の話なら分からなくもないけど、「協議」する余地なんてないんじゃないかと・・・。

さすがに17日に「協議」した結果、結論が先延ばしになる(=エントリー料の返金が20%からゼロになる)なんてことはないだろうけど。

あ、もしかしたら、理事の方がたくさんいて、臨時の理事会の日程が既に決まっていて日程調整が難しいから?と思ったり。そこで調べてみたら、なんと37名もの方が理事。

いや、待てよ。特にこういう時期だし一堂に会して理事会を開く必要もないんじゃ?会社の株主総会のように定足数とか決議要件があるはずと定款を調べたら案の定、書面決議が可能。実際、過去の議事録を見るに書面決議が大半だ。

でも条文には但し書きあって、「理事の全員が同意の意思表示をしたとき」でないとみなし決議にはならない。

もしかして、中止に賛成していない理事がいるということ?

ちなみに、理事には瀬古さんをはじめとする陸連幹部、キー局・新聞社の関係者、オリンピック関係者が名を連ねている。事実上中止の一択しかないとはいえ、立場的に中止に賛成できない理事もいるのだろうかと勘繰ってしまう。

まぁ、それはいいとして。今の関心ごとは週末のポイント練習。さて、どうしよう。


更新の励みになります。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

プロフィール

Tom

Tom
1975年生まれ 48才
--------------------------------------------------------
・1/2011 ラン開始
・11/2012 サブスリー達成
・3/2015 サブ55達成
・11/2017 サブ50+キロヨンカット達成
・11/2019 サブ45+エイジレコード達成
・11/2022 サブ40達成
・毎年PB更新中

自己ベスト

・フルマラソン
2:38'49 (11/2023 つくば)
・ハーフ
1:15'59 (1/2024 ハイテクハーフ)
・10km
35'10 (10/2021 月例赤羽)
・5km
16'22.4 (7/2023 MxKディスタンス)
・3km
9'53.1 (7/2023 MxK通過点)
・1500m
4'25.4 (6/2023 MxKディスタンス)

カテゴリ

旧ブログへのリンク (12/2014~3/2019)

ブログ内記事検索

ブログ村ランキング

カウンター

ランキングに参加中、クリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

Designed by

Ad